学生の声学生達から見た職藝学院

建築職藝科

建築コース 1年生[22期生] 國見 朋花(富山県)その他の学生の声

17/8/2 UP

Q職藝学院を選んだ理由は何ですか?
A他の建築の学校と比べた時に、大工になるのであれば、実習の授業時間数が多い方がよいと思ったから。
伝統構法を学びたかったから。
現役の棟梁、職人の指導を受けることができると知ったから。
Q記憶に残る授業、楽しい授業は何ですか?
A島崎棟梁(オーバーマイスター)の「建築工房実習」です。半屋外(実習棟ピロティ)で暑さ、寒さを体感しながら、鑿(のみ)や鉋(かんな)を使って、木材を切ったり、削ったりできて楽しい。
「環境概論Ⅰ(大丸先生)」。グループに分かれて、集落づくり〔景観に配慮した住まいづくり(家、庭)の計画〕をする授業が楽しい。
Q学院生活を通して自分の中で変化したことは?
A物の見方が変わった。庭や植物に関する授業があり、建築物だけでなく、庭や森、草花にも目を向けるようになった。
Qどんな職藝人を目指していますか?
A男性には、力では劣るかもしれないが、それ以外では負けないように努力できる職藝人。
伝統構法を未来に繋いでいける職藝人。
Qこれから学校を選ぶ皆さんに一言メッセージを…
A入学してから、自分のやりたい事と違っていたら、時間とお金の無駄になってしまいます。いろんな学校を見学し、いろんな人と話して自分のやりたいことを再確認して下さい。その中で、自分が、職藝学院が育てようとしている職藝人になりたいと思えば、おすすめします。
棟梁や先生方は、厳しい時もありますが、わかりやすく指導してくれます。

建築職藝科の学生の声 一覧

環境職藝科

造園・ガーデニングコース 1年生[22期生] 立花 彩(兵庫県)その他の学生の声

17/8/2 UP

Q職藝学院を選んだ理由は何ですか?
A実習時間が多く、教えて下さる先生方が実際に現場で仕事をしていた職人であり、より実践的なことが学べると思い、選びました。
Q記憶に残る授業、楽しい授業は何ですか?
A実習が楽しいです。出来なかったことが出来るようになるときが、一番達成感を感じます。
Q学院生活を通して自分の中で変化したことは?
A自分の体調を意識するようになりました。「命あっての物種」ではありませんが、体が資本なので、以前より気にするようになりました。
Qどんな職藝人を目指していますか?
A人を感動させる職藝人。
Qこれから学校を選ぶ皆さんに一言メッセージを…
A本物の職人のもとで学び、技術と知識を身に付けることができます。

環境職藝科の学生の声 一覧