実習風景環境職藝科実習風景

「花の散歩道ガーデニング」実習

去る6月10日、富山市開ヶ丘にある、とやまスローライフ市民農園「花の散歩道ガーデニング花壇」で、環境職藝科全学生と市民の皆さんとの合同実習が行われました。
市民農園花壇では、8年前の開設当初から当学院の渡邉美保子教授が市民の皆さんと環境職藝科の学生と合同で年間を通して花壇づくり実習を行っています。
5月20日に学院行事の「人と土の日」で全学生とスタッフにより土壌改良が行われた場所に、一年草の苗の植え付けを行いました。

学生による、チューリップの球根の堀取り作業。球根は、今年の秋に再び植栽します。 市民の皆さんと学生で、11種類の一年草の苗を植栽しました。
20mの宿根草ボーダー花壇エリアには、部分的に一年草の苗を植栽しました。 40mのボーダー花壇に、一年草の苗の植え付けが終わりました。これから、11月まで、月に一度、花壇のお手入れを行ってゆきます。

前のページへ戻る