実物実習環境職藝科実物実習

2017年(平成29年)に実施した環境職藝科の実習風景です。

2017年

U邸竹垣実習

2017(H29)年5月下旬から6月上旬にかけて、竹垣などの実習を行ないました。
> 詳しくはこちら

花の散歩道ガーデニング

去る11月10日、富山市開ヶ丘にあるとやまスローライフ市民農園「花の散歩道ガーデニング花壇」で、環境職藝科の学生と富山市民の皆さんとの合同実習を行いました。
市民農園花壇では、9年前の開設当初から当学院の渡邉美保子教授が市民の皆さんと年間を通して花壇づくり実習を行っています。
> 詳しくはこちら

O邸作庭実習

2017(H29)年11月上旬に、O邸作庭実習(富山市)を行ないました。
毎日何度も通る場所で、雨や雪の日には歩きにくかったそうです。
雨天時でも歩きやすく、雑草が生える部分が少なくなるように、石敷きの園路にしました。
園路の両脇の以前から敷かれていたコケは、一度別の場所に移し、石敷きが終わった時点で、再び園路の両脇に戻しました。
> 詳しくはこちら

M邸作庭実習

2017(H29)年10月下旬に作庭実習(高岡市)を行ないました。
玄関ポーチから、奥のバックヤードへ歩きやすい導線を設けました。
元からあった樹木は1年前に根回し(ねまわし)を行ない、場所を変えて植え直しています。
> 詳しくはこちら

花の散歩道ガーデニング

去る6月30日、富山市開ヶ丘にある、とやまスローライフ市民農園「花の散歩道ガーデニング花壇」で、環境職藝科の学生と富山市民の皆さんとの合同実習を行いました。市民農園花壇では、9年前の開設当初から当学院の渡邉美保子教授が市民の皆さんと年間を通して花壇づくり実習を行っています。
> 詳しくはこちら

黒部市指定文化財「松桜閣・庭園」剪定

6月27日、環境職藝科の学生が、「松桜閣・庭園」(黒部市若栗)にて、剪定実習を行いました。
本学院では、実践教育を兼ねた奉仕活動の一環として、毎年、剪定活動を実践しています。
当日、学生達は本学院の嶋倉オーバーマイスター、柳准教授、小林専任講師の指導のもと、サツキやツツジなどの剪定や庭園を流れる曲水等を清掃しました。
> 詳しくはこちら

環境職藝科2年 全国軽トラガーデンコンテスト 参加

砺波チューリップ公園(富山県砺波市)で行なわれた「全国軽トラガーデンコンテスト」に参加しました。
「軽トラガーデン」とは軽トラックの荷台上につくられた庭のことです。車ごと移動が可能なため、そのまま持ち運び展示することができます。
造園の魅力を市民に発信する等の目的で、(一社)日本造園組合連合会青年部が主催し、‘2017となみチューリップフェア’の催しのひとつとして開催されました。
> 詳しくはこちら

2016年へ